トップページへ戻る > 年金保険の満期は何歳?

年金保険の満期は何歳?

年金保険を決める時の1つのポイントになるのが、

「年金が満期になるのは何歳なの?」

と言う事ですよね。コツコツコツコツと積み立てるのは分かったけど、このお金を何歳にもらえるのかって結構重要だと思うんです。ゴールが分かっていたら、「○○歳にもらえるから頑張って積み立てるぞおお!!」って感じでモチベーションも上がると思うんです。


余談ですが・・・。定年後の生活費はどれくらいかかるか知っていますか?
生命保険文化センターの調べなんですが、夫婦二人老後暮らしていくのに日常の生活費は、

◎ 最低限の生活費で、月平均232000円
◎ ゆとりのある生活費は、月平均383000円

と言うことなんです。この、生活費の中には、食費、住居費、水道光熱費、被服費、保険・医療費、交通費、通信費、娯楽費、教育費、交際費、仕送り費などなどイロイロ含まれているのですが。最低限でも月に232000円ですよ。

公的年金は平均で、国民年金53000円、厚生年金161000円ですので・・・余裕で足りませんよね。夫婦で定年まで正社員で働いた家庭なら余裕があるかもしれませんが、なかなかこのご時世そんな夫婦はいませんよね・・・。
しかも、この年金の額は今の額であって、今働き盛りの人たちがこの額をもらえるか・・・と言ったら残念ながら疑問です。

定年が60歳(平均して)
公的年金がもらえるのが65歳(あくまで今現在)

この空白の5年間を埋めるのは、自分の力しかないですよね。
再就職して、バイトをするのもいいでしょう。
でも、60歳になって健康そのもの!!という保証はありません。
そう考えると、健康な働き盛りの今、年金保険を自分でかけておこう!!と言う方法もあるのです。


年金保険の満期は60歳の所が多いです。
60歳に払い終わって満期になって60歳から年金を受け取る事が出来るのです。

お金はないに越したことはありません。
将来必ずやってくる ‘老後’ を、いかに幸せに暮らすかは、今のあなたの考え方ひとつで変わるかもしれません。

Copyright © 2012 年金保険とは?おすすめの個人年金保険の選び方. All rights reserved